イネイト活性療法では、独特の検査法(キネシオロジーという科学的根拠があります)でいろんなことが分かってきます。
その中で、「骨折」も高い確率で分かります。
もちろん、確定診断は医師が行うものなので、我々はあくまで「疑い・可能性」になります。

骨折が疑われる場合は、整形外科受診を勧めています。

数年前、「右足が痛い」という、当時中学生だったお子さんを連れてご来院された方がいます。
その部分を触った直感で「これは何か違う!」と思い、整形外科受診を勧めました。
ところが、翌週「骨には異常なしと言われたんですが・・」再来院されました。
おかしいな~と思いつつも、施術はそうっと行いました。

・・・・が、その翌週「やっぱり痛い」と言ったそうで、再度整形外科を受診したそうです。
その結果「骨折!!」だったそうです。

そんなこんながあって、私としては自分の見立てにはかなり自信を持っています。

せっかく、ご来院されたのだから、その骨折までも治したいところですが、たらい回しにしているようで何となく心苦しいところもあります。
会社勤務の方や運動部に属している方は、場合によっては診断書が必要だったりしますし、損害保険やスポーツの保険請求の場合はやはり医師の診断書が必要だったりします。

病院での検査の結果「異常なし」ということもありますが、患者さんの今後を考えてのことですので、ご了承いただくようお願いいたします。