たまにこういう気づきがある。

「あ、そういうことだったのか・・・」と。

 

10年以上前、自然形体療法を創始者山田洋先生から教わった。

東京に足繫く通い、手取り足取り教えていただいた(受講料・交通費は中古のベンツが買えるくらいかかった)が、どうにも師匠のようにできない。同じようにやっているのだが・・・

「力を抜くんだ。もっと。手の力も!」「私の手にはそんなに力が入っていないでしょう!」

 

やはり技術は錬成するもの、育てるものである。

いきなり師匠のようにできたら、苦労しない。

 

自然形体療法を離れて暫く経つが、なぜか、ふと、無意識に自然形体療法の技をやっていた。

そして「あ、そうか、そういうことだったんだ。これを伝えようとしていたんだ。」と腑に落ちた。

 

1年後、2年後はもっといろんなことが腑に落ちているに違いない。5年後、10年後はもっと。

楽しみであるが、プロとして当然、そうなっていなければいけない。というプレッシャーもある。