ということは、無限に未完、つまり「いつまでも完成されない」とも言える。

ということは、「いつまでも成長を楽しめる」とも言える。

その成長はまったくの個人的なことである。なぜなら他人と比較できない性質のものだから。
「自分軸」で一歩一歩ゆっくりと、成長を楽しんでいこう。
死ぬまで、この極上の楽しみを味わえるなんて、人間って素敵だ。