このように思い込んで、来院される方もたまにいらっしゃいます。

数ヶ月前、70代女性の方が、右肩が突然上がらなくなったと来院されました。
メンテナンスで定期的に来院されている女性のお母さんです。

痛み、症状の原因には様々あり、その中に「筋損傷」も含まれていることもあります。
例えばカッターで指を切ってしまったとします。
多くの場合、カットバンを貼って治るのを待ちますが、元のように治るためには数日かかります。

筋損傷も損傷しているのですから、これも数日かかるというは、考えてみればわかると思うのです。

この70代の女性、仮にAさんとしておきましょう。
Aさんにも、私の見立てたところによると、この損傷があったわけです。

ですから、施術直後はその肩の状態に良い変化はあまりなかったのです。
しかし、「その場ですぐに、1回で治る」という先入観といいましょうか、思い込みのため、それを納得して頂けませんでした。
残念というか、何と言うか・・・・

その後、娘さんの言うところによりますと、「楽になってきたけど、まだ痛いみたい」という状態なそうです。
施術をもっと重ねますと、早く良くなると思うんですけどね。

しかし、何でも、どんな症状でも、施術直後にすべて完全に治っているというふうになればいいなぁとは思います。
でも、「神の手」といわれる有名な先生でも、それはないそうです。

ドラマや映画に出てくる魔法使いにはなれません。