岩手・大船渡の整体は当院にお任せ。股関節痛、肩こり、坐骨神経痛、オスグット、頭痛などでお悩みの方、まずは100%手技療法のおかざわ予防医術研究所にご相談くださいませ。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 治療家の思い

治療家の思い

内臓から来る腰痛

まだ、伝説の指圧師増永先生のご著書「経絡と指圧」を読みこなせてなかった、数年前のことです。 この本には「腹診」というお腹を手で(服の上からですが)圧して、体の状態(経絡)を知るという技術があります。   数年前 …

美容院などのマッサージで具合が悪くなった・・・の理由は?

当院にはこのような患者さんが稀にいらっしゃいます。 もちろん、頻発するわけではないので、美容院を責めるつまりは全くありません。美容院でもこのようなことがないように気をつけていると思います。 ここでは、なぜ、そのようなこと …

先人の叡智

数日前から紹介している伝説の指圧師、増永先生著「経絡と指圧」には中国古典の解説がたびたび出てきます。 中国古典といえば「易経」「孔子」「老子」「孫子」などが有名どころですが、医療でいれば「素門・霊枢(すもん・れいすう)」 …

当たり前のことを再確認

体は循環が大事だ。 血の流れ、水分(リンパなど)の流れ、気の流れ、などなど。 これはおそらく誰もが知っていると思う。   これらの流れが悪くなると、停滞し、そこに淀みを作る。 疲労、栄養過多、栄養不足、運動不足 …

医療は押し付けるものではない。と思う。

「あそこが悪い、ここがまだ治っていない・・・治療をもっと続けなければ@@になります。」 と、半分脅迫めいたやり方は私は好きではない。というやるべきではないと思う。 一応、施術を担当した者として、情報を提供したり、提案する …

なぜ、何もしていないのに症状がでるのか?

前回に引き続き、「指圧と経絡」。 すでにお亡くなりになられましたが、伝説の指圧師、増永先生のご著書にいろんなヒントと答えがかかれてあります。   「防衛機能のために外部からの刺激を警戒している皮膚の知覚は、その …

指圧、整体の古典・・・とも言うべき本

    「経絡と指圧」 この本は、昭和30年ごろ~平成初期あたりまで、指圧の世界で巨人と呼ばれた男。今で言えば「神」。 4,5年ぐらい前に購入し、そのときは「ふ~ん」みたいに、サラッと読み流したが、今 …

慢性的な凝り・痛みの奥には骨化現象

「骨化現象」というのは筋肉繊維にカルシウムが入り込み、本来柔らかいはずの筋肉が骨のように硬くなってしまうこと。   特に年齢が高くなればなるほど、この現象は体のあちこちに現れるようになります。 その原因は、筋肉 …

強力で心強いアイテム

↑は筋肉の強張りをほぼ無痛で緩めてくれるアイテム、マザーキャットといいます。 残念ながら、私の手技より効果が高いかも。。。 相当難易度の高い、筋肉への「カルシウム沈着」という、筋肉が「骨のように」固くなっているものも、緩 …

17年目突入~

昨日10月1日で17年目に入りました。 この道に入って18年目、開業して17年目です。 その17年前の駆け出しベイビーレベルから施術料4000円で消費税なし!でやってきました。でも研修会に行けば、物を買えば、備品を購入す …

Page 1 / 512»
PAGETOP
Copyright © おかざわ整体院 All Rights Reserved.