高校3年生 男子 バレーボール部
試合中、負傷したキャプテンの替わりに試合に出た。
調子よくプレーしていたが、スパイクを打ったある瞬間から利き手の右肩が痛み出した。
数日後、今度は左の首の付け根辺りが痛み出してきた。

この子は家族で当院を利用なさっていたので、悪化したら大変とすぐに来院した。

利き手の右肩は三角筋のある部分の調整、左首は肩甲骨周囲筋の調整を行い、3回ほどで大幅に改善。
調整後の検査では、両方の関節の動きも滑らかで問題もなく、これで調整を終了とした。
プレーも問題なくやっているらしい。←後日彼のお母さんからお聞きしました。

良かったです!!