中学生 男子野球部

5月下旬にいきなり投球練習をたくさんしたら、翌日から右肩が痛み出し、その右肩を水平まで挙げることができなくなったそうです。
整形外科では肩の関節がはずれ気味なのでと三角巾を処方されたと、腕を吊っていました。

患者さんのお住まいは当院から離れた地域でしたが、野球部内の親御さんがネットで検索し、当院を推薦してくれたそうです。

初来院時は軽くゆっくり腕を動かせる程度では他はほとんど動かせず、触ると痛がるという状況でした。

検査すると「右鎖骨の肩鎖関節にズレ」が見られ、それに対する施術をおこないました。
ズレ方が大きかったので、「5日間の投球は抑えたほうがいいですよ」とアドバイスしました。

1週間後再来院。
検査では肩鎖関節のズレはOK。
触っても指で押しても痛みは完全に無く、くすぐったがるのが少しあった程度です。

投球フォームを見ながら、さらに施術を行い終了しました。
「もう大丈夫だと思うので、徐々に肩を慣らすつもりで投げてみていいよ」と説明しました。

肩の関節の可動域、筋力チェックを入念に行いましたが、まったく症状は見られなくなったので、本当に大丈夫だと思います。