20代 男性 正座をする職業

 

修行僧時代、正座をしていると左の足首が痛くて、当時住んでいた病院で診察を受けた。

靭帯が弛んでいるので、手術を勧められたが、それは嫌なので我慢していた。

また、あぐらをかく、歩行時など股関節が痛む。

修行が終わり、帰郷しても、まだ痛むので家族の紹介を受けて当院に来院。

 

所見

足首、腰部、肩甲骨のそれぞれのラインがばらばらにスライドしている。

左の脛の骨に若干の変形がある。

股関節が固い。可動域制限がある。

結果、左の足首につねに体重がかかっている。左の股関節についても同じ。

 

ポイント

症状は2つだが、全体の関連性でみると、左に身体が偏る歪みなので、それを改善しないと症状は永遠に繰り返し続ける。

その偏りを計算に入れながら、部分の施術もしていくことが必要(これが難しい!難易度 高! なんせ症状を出す正座を仕事としている方だから)。

 

経過

やはり、正座が職業というだけあって、我々一般人とはその反復頻度が桁違いに多いので、筋肉の緊張もなかなか強い。毎日毎日負担をかけ続けている生活なので、スムーズには行かなかった。

それでも週2回、2ヶ月近くまじめに継続されたこともあり、ほぼ完全に良くなった。

これが、齢60代近くだったら、少なくとも倍の回数と期間はかかったろうと思う。

70代近くだったら、回復力低下の問題もあるので、どうかわからない。本人の意思次第ということになると思う。

(この点、高齢の方々は簡単に治ると思っているようで、理解がかみ合わないことが多い。気持ちは分かるが・・・)

 

やはり、「原因をなおす」ことにフォーカスしないと・・・魔法や神術ではないんだよ・・・・と、毎回思うし、治ってよかったと喜ぶより、まずはホッと一安心です。