大船渡市をはじめとして、岩手県内で親しまれているスポーツはたくさんあります。
大船渡にも強豪校が多数あるため、小さいうちからスポーツを始めるお子様も多いのではないでしょうか。
こちらではスポーツをされるお子様をお持ちの保護者様が気をつけたいスポーツケアをご紹介します。

運動した分に見合った休養

小・中学生など、体が成長途中のうちからスポーツを始めるお子様はたくさんいらっしゃいます。
子どもの体は脳・神経系、呼吸器系、骨格、筋肉が順を追って発達するため、動作の習得をしている段階で体を動かし過ぎて膝や背中が筋肉疲労してしまうことも少なくありません。
成長段階では、運動した分に見合った十分な休養が必要です。

運動前・中・後のケア

成長途中のお子様にスポーツを楽しんでもらうためには、運動前や運動中、運動後のケアも重要になります。
例えば、大船渡でも盛んなサッカーは激しいスポーツなので、足がつってしまうお子様もいらっしゃいますが、原因として運動前後のストレッチ不足などが考えられます。
また、夏の間は熱中症も心配です。
運動前中後のストレッチやマッサージ、運動後のアイシング、水分補給に加えて、違和感があるようであれば整体をご活用ください。

偏った使い方を避ける

スポーツの種類によっては、一部の筋肉や骨格を偏って使うものもあります。
例えば、野球やゴルフのスイング、武道での正座待機などは首や骨盤を支える筋肉や骨格にクセがつきやすいものです。
偏った使い方はオスグット病の原因ともなり得ますので、スポーツによってはご家庭でのケアと合わせて整体を組み合わせるのがおすすめです。

最近では子どもの運動不足を指摘する声も多く、お子様が小さいうちからスポーツを楽しむことが推奨されています。
健全に楽しく楽しむためのケアとして、整体での施術がお役に立てれば幸いです。