20代男性 会社員

【状況】
3日前の夜勤の時、体を伸ばそうと後屈をした(後に反らした)。
その時、ジワっときたが、軽い和感だったので、そのまま仕事を続けた。

帰宅後、どんどん痛みが増し、寝返り出来ないほどだった。
翌日の仕事は休み、自宅で安静にしていた。
会社の先輩の紹介で来院した。

【その背景】
中腰が多い作業で、もともと体は硬かったということ。
職業的に腰や背中が慢性疲労を起こしていた。

【当院の検査と判断】
立った状態での前屈は問題がない
しかし、後ろに反らすのはほとんどできない。

体型は反り腰。
だから、何もしなくても常に腰~背中が強張っている。
仰向けで寝ていても、腰のところに手がスッと入る。
また、その状態でジワ~とした痛みがある。

結果、体が(特に骨盤の部分)が後ろに歪んでいる。
腰椎周辺の筋肉が特に強張っている。
感じる症状としては最近のものであるが、じつは慢性的なものである。

【当院の施術】
自然形体療法による基本手法を行う。

【経過】
慢性的といっても、患者さんはまだ若く、腰痛経験は初めてで、無理せず安静に
していたこともあり、非常に順調に改善していった。

毎日施術し、2回目終了後から仕事に復帰し、4回目終了後ほぼ完全に回復した。