60代 男性 大工

【状況】
3日前に家の用事で20キロの米を持ち上げた瞬間、背中~腰のあたりがギクッときた。
その瞬間しばらく動けなくなった。同時に左の足まで痺れ、膝にも痛みが走った。
その日は安静にして過ごし、少し動けるようになったので整形外科に連れて行ってもらった。
整形外科では膝に関しては「軟骨が減った」という診断で膝にヒアルロン酸の注射をして、腰に関しては「坐骨神経痛」という診断で機械で牽引した。
牽引する前のMRI検査のために30分も仰向けになっていたが、その状態がとても辛く大変だった。

状況を見かねた仕事仲間が当院に連れてこられた。腰をかがめて杖をついて歩いてこられた。杖がないと自力で歩行できないという、かなりの重症であった。

【背景】
30以上前の腰痛で整形外科を受診した時、すべり症という診断だった。
それ以来たまにマッサージに行っているが、腰痛・膝痛を繰り返している。
今回の症状が一番ひどい。

【当院の検査と判断】
検査できる状態ではないので検査なし。
またわざわざ検査するまでもなかった。
治療が進むと検査できる状態になるので、必要に応じて検査することにした。

【当院の施術】
自然形体療法により全体の緊張を緩める。
他の治療法を応用にして各所の強張りを緩める。

【経過】
自力で生活動作ができるようになるまで毎日治療した。
徐々に回復し、4日後には自分で運転できるようになった。
1週間後には自宅の庭の植木の剪定ができるようになった。
10日後には靴下を履けるようになった。
2週間後にはすべての痛みがほぼ改善された。

その後、痛みはないが首の歪みの治療も希望されたので、週1回の治療を継続した。

結果、首の歪みも大幅に改善した。

患者さんが希望されたすべての症状・状態がご希望通りに改善されたため、継続治療は終了した。