30代 女性 コンビニ店員

【状況】
1、
2年ぐらい前から、(自宅で)床などに座っているとお尻がビリビリ痛くなり、座っていられない。
車の運転でも10~15分ぐらいで、もう痛くなってくる。

2、
夜、仰向けに寝ていると腰がだるくなってくる。

腰は出産してから調子が悪くなった。

3、首を左に向けるとピキピキして痛い。運転しているときに支障がある。

【背景】
実は18歳の頃から、腰の具合が思わしくなった。
立っている時間が長いので腰に負担が来やすい。

妊婦を経験している女性は、妊娠時どうしても反り腰になってしまうので、さらに腰に負担がかかってしまう。出産経験のある女性が、それを期に腰痛持ちになってしまうのは、その辺にも要因があると思われる。

【当院の検査と判断】
やはり反り腰になっているので、立ち仕事をすればするほど、腰に負担がかかる。
つまり、慢性的に腰に負担がかかってきた。

腰の他にお尻(仙骨)まで症状が出ているのは、痛みの範囲が広がっているということである。つまり悪化している。

触診しても、肩甲骨の下~骨盤のあたり、また仙骨といわれるお尻の中心部に「イタタッ!」と身をよじるほどの圧痛があった。

また、左の首に強い筋肉のシコリもあり、そこを触診するだけで、やはり「痛い!」

ここでさらなる悪化を食い止め、しっかり治しておく必要があることは患者さんも承知していた。

【施術】
自然形体療法により、強張った筋肉を緩める。緊張をとる。
必要に応じて、持続圧により、しこりを取る。歪みの調整を行う。

【経過】
患者さんの仕事の都合も考慮して、週3日のペースで行った。

初回の施術で首の痛みはほぼ全部改善した(その後、痛みも動きも良いまま)。
若いこともあるのか、非常に順調に改善していった。

お尻のビリビリも寝た時の腰のだるさも7回目ですべて大幅に改善した。
仕事中もそれが終わった後も、長距離の運転でも痛みはなくなった。

最終回での検査でも強張りもしこりも大幅に改善されていたので、継続施術を終了した。