イネイト活性療法を学ぶ前にも、このようなことがあるとは知識レベルで知っていた。
が、それを臨床レベルで実感したことはなかったので、「本当?」と疑っていた。

しかし、イネイト活性療法を学び、いわゆる「触診」つまり手指に伝わってくる感覚も鋭くなってきて、その学んだとおりに施術してみて、そのとおりの結果が出ると、これを認めざるを得ない。
否定もできるが、その否定は「単にその現実を受け入れたくない」というわがままでしかない。それは「科学的ではない」。

仮説をたて、実際に仮説に見合う結果がでて、それが普遍的なものになると、「法則化」する。
これで使い物になるわけだ。

役立てば、科学的根拠も医学的根拠(エビデンス)も私は要らない。興味ない。
そもそも根拠を追っていけば行くほど、どんどん分からなくなるものである。未だに「電気」がどこから出現してくるのか分からないのだそうだから、「役に立つか、立たないか」だけが重要だ。

というわけで、師匠のいうとおり、体の症状は「サイン・警告」であり、それを出している原因を回復させていかなければならないのであり、その原因には内臓も含まれるというわけだ。