たかが肩こり、されど肩こり。
皆さんはどう思っているでしょうか?

肩の周り、肩甲骨周辺には施術において重要なポイントがたくさんあります。
また、筋肉の緊張が広がって、肩かた離れた部分、例えば腰や股関節、膝、足首まで2次3次の症状を引き起こすことがあります。

当然頭痛や目・鼻の症状、喉だったり、呼吸器だったり、消化器にも悪影響を及ぼします。
私は筋肉・骨格の専門家ですし、そうでなくても我々の業界では普通にみんな知っています。
でも、知らない方は「ええーーー????」でしょうね。

最近は健康雑誌にもたまに特集されていますし、治療家の先生で一般書を出版されている方も結構いるので、このような知識が普及されているようですね。

「肩こり」は知れば知るほど奥が深いものです。
私もまだ知らないことがたくさんあると思います。逆にもっと知ることができるので、それは楽しみでありますね。