いわゆるエネルギー療法です。
患者さんに触れずに、今回やったのは手かざしするタイプのものです。

私は開業前に実は整体スクールで気功を習っていました。
それを元に自分で修練していましたが、ここ約3年前から別の本格的な気功教室に毎月参加し、エネルギー伝授と自己鍛錬を習い、修練してきています。

今まで、「怪しい」イメージがついてしまうこと思い、全く表に出していませんでしたし、患者さんにも「私はよく分からない」と隠してきました。
しかし、本当はバリバリ勉強し、バリバリ修練してきていたのです。
そして、エネルギーなんかで治るわけがない!と思い込んでいたこともあったからです。
(妻に使ってみたことがありましたが、「全然変わんない。」と言われて、やっぱりね!ということがあったんですね。)

最近、たまたま患者さんに興味がある方がいて、「じゃ、やってみましょうか?」と肩が痛くあがらないというケースにやってみました。

すると・・・
何と、体に触れる通常の施術より、こっちのほうが良かった・・・・
喜んでいいのか?ガッカリ来ていいのか・・・。

患者さんがお帰りのときも、左手を普通に使っており、「佐藤さん、左手使ってますよ!」と言ったら、「あれ!そうだ!肩が上がるし、痛くないねぇ!?」と。

メニュー化しようか、考えています。
じつは遠隔療法(私の治療院に来なくてもいい)もできるのです。
これについては、どなたかに試してみようと思っています。