40代 女性 介護士 趣味にヨガ

【状況】
1ヶ月前にお祭りの踊りの練習をしてからか、左の股関節と腰が痛い。
老人介助をする時に痛みでうまく解除できない場合がある。
趣味でヨガをしているが、胡坐を組むポーズができない。
ウォーキングもしてたが、それも今はやめている。このままだと悪化してしまうのではないかと不安になっている。

健康維持のためにも運動を続けらるような体にしたい

【当院の検査と判断】
立った状態、うつ伏せになった状態を検査すると、背骨が全体的に左に歪んでいる。
また反り腰になっており、左が特に強くなっている。

触診では左の腰部・左のそけい部・でん部・ふくらはぎに圧痛がある。

職業的な姿勢の慢性化が大きな要因であると思われるが、片側負担により症状悪化につながったと思われる。

【当院の施術】
自然形体療法をメインに体の歪みと強張りを調整する。

【経過】
仕事に支障がある痛みや不調をまずは改善させるため、週3日ペースを2週間続けた。
その後は「運動できる体作り」のため、週2回を約1ヶ月続けた。

結果、仕事を今までどおり続けながらだったので、少しずつではあるが順調に改善していった。
介助の仕事が問題なくできるようになると、1回1回の施術で目にみえるように改善していき、胡坐のポーズもウォーキングも患者さんの思うとおりできるようになった。

この患者さんは以前当院で右側の腰痛・太もも痛が改善し、完全に回復した経緯がある。
その時に、一時的な対症療法でごまかさずに、きちんと筋肉を正常化していたために重症化していなかったし、順調に回復したのだと思う。

職業的に体に負担が大きい方は、仕事のパフォーマンスの向上と精神的・肉体的なケアのため月1回のメンテナンス施術が一番効果が高い。