腰痛のみならず、背骨が関わる諸症状や自律神経のトラブルの根底にもなっています。
当然、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアにも深く関わっています。

坐骨・坐骨神経痛についてのリンクはここをクリック
坐骨の設定障害というのは「イネイト活性療法」で使われる用語で医学用語ではありませんので、ご注意を。

正確ではありませんが、簡単に説明すると、骨盤が安定しないために、背骨も安定しないので、様々な負荷にとても弱い。
だから、筋肉的な症状、神経的な症状が表われやすく、繰り返し安いということになります。

「設定障害」とは、骨や筋肉自体に問題があるのではなく、体全体を統括する「脳」が本来の状態を誤って認識しているということです。
だから「脳」に本来の状態に認識しなおす・・みたいな概念で施術を行います。
骨や筋肉を揉んでも、矯正しても、この設定問題は解決しません。

また、この問題があった場合、これを解決しないと、一向によくなりません。

イネイト活性療法を日に日に使えるようになって、この効果の凄さを身をもって認識しています。
筋肉や骨を触らなくても、設定障害を本来の状態に戻すだけで、症状は緩和されるようです。

イネイト活性療法独特の考え方と手法ですね。

数日前、復習したら、このことが出てきて、「あっ!」と思いました。
すっかり忘れていました(汗)