40代 女性  主婦・パート

いつからか思い出せないくらい前から、右足の指が痛かったそうです。
この方は椎間板ヘルニア・慢性腰痛で入院・手術後、少しは良くなったが経過が思わしくないと長期に渡って、施術を継続していました。
大体1年ぐらいかかったと思います。
歩くもの大変な状態でしたが、序所の良くなっていき、パートも再開できるようになりました。

その後、腰の状態が良くなったため、今度は足の指が気になる(痛い)ということでご来院です。

指の施術って、あまり例がありません。100例はいっていませんね。
珍しいケースですが、我々は筋肉を治療するので、それが首であろうが肩であろうが、指であろうが同じ筋肉なので、原因・施術方針さえ固まれば、特に困ることはないのです。

今回の症例は足の指。
すなわち、寝ている、座っている時以外はいやでも使わなければならない部位です。場合によっては酷使せざるをえない時もあるでしょう。
そして、慢性症状。

週に2回、大幅に改善されて週1回の施術。
範囲は小さくても、骨のように硬くなってしまっていました。
それでも1年ぐらいで、ほぼ痛みも解消。指もよく曲がるようになりました。

「やっぱり痛みがないって、いい~!」とホットした表情の患者さんでした。