50代女性 調理師

本人のお話では「顎~足裏まで全身に痛みがぐるぐる回って歩く」という症状です。
ほぼ全身であり、他にリウマチの疑い、しゃがむと斜めを向いてしまう、つまづきやすい等もあるそうです。

私もこれほどの持ち主にはそんなに多くは出会ったことがありません。

症歴は15年ぐらい前から始まった?とご本人もよく覚えていないようで、「病院へ行っても原因不明」なのだそうです。
そうは言っても寝て過ごしているわけではなく、調理のお仕事をされるくらいの元気さはある方です。

通常の可動域検査、触診などを行っても、これほどの重症とは思えません。このような方はいくらでもいる・・・そんな感じでした。

しかし、イネイト活性療法独自の検査をすると、出てくる出てくる。
たくさん原因が出てきます。

治療してある部分が改善されると、他の部分に「隠れていた原因」の症状が出て、これを何度か繰り返します。
お仕事をされていることもあり、前回までの治療でよくなったはずのところに、今度は別の原因で別の症状が出てきます。
治ってくると「修復過程の痛み」(好転反応のようなもの)が出てきます。

ただ、毎回変化があったというわけでもありません。
治療を続けてもあまり改善具合が見られないな~と言うときもありました(独自検査では体内での治癒反応は見られました)。

おおよそ4ヶ月、平均週2回を続けた結果、ついに大きく改善が見られました!
そして原因部もほぼ治っていき、継続治療も終了~となりました。

なぜ、こんなに多くの症状になってしまったのか?その原因は?

たくさんありますが、その中でもっとも多かったのが「骨の微細骨折」のようでした。
見つかるたびに何回も何回も「治癒力スイッチオン」をしていきました。

状況は酷くても、それなりの時間をかければ何とかなるということですね。