小学6年生 男子 バスケ部

2年前の小学4年生からの両膝の痛み。
膝のお皿の下。

これまで我慢して、バスケをやっていたが、ついに耐え切れず、というかなかなか治らず、このままでは不安ということで、整形外科へ。

診断はオスグッド。
先生からはしばらく運動を休むようにと。

しかし、お子さんはバスケを続けたいし、休んで直ったという話を聞いた事がないとお母さん。

このお母さんは当院で腰痛と肩こりが改善したことがあるので、お子さんを連れて来られました。

週1回の施術で、しかもバスケをほどほどにやりながら、通院されました。

今までは改善するのに、片膝で10回ぐらいかかっていました。つまり両膝で20回ぐらい。
しかし、昨年から気功の技術を取り入れていることもあってか、両膝がしっかり運動できるまで8回で済みました。

全部が全部そうではありませんが、施術経験を重ねていくたびに、「あ、こうやれば良かったんだ!」という新たな発見と気付きがあり、施術がスムーズに行き、患者さんもより快適に改善していっています。