12歳 小学生 男子 バドミントン  一関市

昨年の春先から左ひざが痛み出し、整形外科を受診。オスグッドという診断で処方はシップをして「(運動を)休みなさい」だけだった。
※これを不満に思ってはいけません。整形外科はこれが正しい(保険診療として)のです。病院へ行けば治してもらえるというのは思い込みで、先生は一言もそんなことは言っていません)

さて、膝が治らないので仕方なくバンドをつけて、バドミントンをしていたが、そのシーズンが終わり、次は陸上競技、その次はロードレースと続き、ついに今度は右ひざが痛み出した。
また病院へ行ったが、またまたシップだけだった。

ジャンプも歩くのもひどく痛むので、練習は休んでいるが、3ヵ月後にはまた大会があり、中学校に入ったらまたバドミントンをさせたい。

近くにはオスグッドを治せる治療院がない(親御さん談)ので、インターネットで探して、片道1時間10分のところを来院。

検査をすると、体の歪みが前後左右で大きく、膝の屈伸も痛そうにして何とかできる程度。正座はできない。
膝のお皿の下も触ると痛がり、太もももふくらはぎも硬く強張っている。

お母さんは何としてでも治したく、週2日~3日通った。

その甲斐あって、歪みも太ももの強張りも大きく改善。
治療感覚が1ヶ月ぐらい空いてしまったが、それでも順調に良くなっていった。

ついに3月中旬に最後の治療を終え、全ての痛みも歪みもなくなり、大会で見事優勝できた!(イエ~イ)
最後の治療では、スーパーショットが打てるように右の肩甲骨の動きをぐるんぐるんに回せるように調整した。

ドンピシャのタイミングで回復しました。