骨格の歪み、それは毎日の生活習慣の中に潜んでいます。
日頃、無意識の内にしている行動そのものが、あなた自身の骨の歪みを作っているのです。
骨の歪みを放置すると、慢性的な肩こりや腰痛、頭痛などあらゆる体の不調に繋がります。
これからご紹介する動作は、どれも全て骨格が歪む原因になります。
自分の普段の行動を振り返ってみてはいかがでしょうか。

長時間同じ姿勢でいることが多い

デスクワーク中心のお仕事をしている方は要注意です。
特に、パソコンで長時間作業を行う方は、うつむき状態の姿勢が多く、5kg以上ある頭を首と肩の筋肉で支えることになるため、体への負担が大きくなります。
また、普段座る時に足を組むのが習慣になっている方も注意が必要です。
無意識に行っているかもしれませんが、足を組むという姿勢は、骨盤から背骨にかけて体が歪んでいる証拠です。

同じ動作を何回も繰り返す

スポーツや業務の関係で、同じ動きを毎日繰り返さなければいけない方などは筋肉の使われ方も不均等になり、骨盤がゆがむ原因にもなります。
人それぞれ利き手があるため、左右均等に筋肉のバランスを使うのは難しいですが、ちょっとした意識が大切です。

ゆがんだ姿勢

左右どちらかに重心が偏った姿勢や猫背といったゆがんだ姿勢や、バッグをいつも同じ肩にかける・椅子に座るときに浅く腰掛けて背もたれに寄りかかるといった良くない姿勢が習慣化すると骨盤がゆがんでしまう恐れがあります。
こうなると自分の努力では直せなくなってしまう上に、これが原因で起こった病気や症状は治りづらいという特徴があります。

岩手で整体院をお探しの方

体のあらゆる不調でお悩みの方は、骨格の歪みやズレが原因である可能性が高いです。
肩こりや頭痛、股関節痛、ぎっくり腰などの症状がある方は、当院へお気軽にご相談ください。
体の歪みを解消して、健やかな毎日を目指しましょう。