肩こりに悩まされている日本人はとても多く、現代病といわれる程です。
年齢に関係なく、ほとんどの人が肩こりを抱えているとされます。
整体でも、肩こり・腰痛の施術依頼はとても多いです。
肩こりが体に与える影響は、痛みやだるさだけではありません。
その他にも、様々な影響を及ぼしているのです。

眼精疲労

肩の筋肉は、首の筋肉ともつながっています。
そのため、肩の筋肉が硬くなると首に流れる血流が圧迫されてしまうのです。
そのまま首の筋肉にも緊張が伝わり、そして目の筋肉にまで影響が及びはじめます。
眼精疲労は、目の筋肉が疲労しているために引き起こされるものです。
血流が悪くなると、目の疲れも取れにくくなります。
肩こりは、眼精疲労を引き起こす原因となり、さらに眼精疲労は肩こりを引き起こします。
この悪循環から抜けだすことができなければ、いつまでも肩こりと眼精疲労に悩まされることになります。

c_fn002172_1_01

頭痛

首の血流が滞ると、脳にも十分な酸素が行き渡りません。
肩こりが原因で引き起こされる頭痛の特徴は、後頭部から肩にかけて締め付けられるような鈍い痛みが続くことです。
我慢できないほど激しい痛みではありませんが、長時間続く場合が多いです。
緊張型頭痛といわれ、放っておくと慢性的に続くことになります。
しつこい痛みはストレスにもなり、さらに他の症状も引き起こします。

ストレス

肩こりや頭痛によって常に痛みを感じている生活は、ストレスが多くなります。ストレスフルになると、体はより緊張状態になり、さらに筋肉を疲労させる結果となってしまうのです。
体が緊張しているために、少しの痛みにも過敏になり、肩こりの痛みをさらに強く感じるようになるのです。
強いストレスは自律神経を乱し、睡眠不足やリラックスできない体へと変わっていってしまいます。

このように、肩こりは様々な部位の痛みを誘発し、別の症状が発生していくきっかけになるのです。
改善のためには、一部分のみを見るのではなく、体全体の調整を行うことをおすすめします。岩手県大船渡市にある当院では、手技を使っての肩こりや腰痛、ぎっくり腰に対する施術を行っています。
筋肉を対象としているので、その他の悩みについても施術可能です。
筋肉の痛みに悩んでいる方は、ぜひ当院へご相談ください。