筋肉の治療をするよりも、よほど効果的で手っ取り早い。
イネイト活性療法を取り入れておいて良かったと改めて思う。

今までどおり、筋肉・骨格メインの観点だと、施術効果をあげるために相当てこずっていたと思う。
何より施術者自身が肉体的にも精神的にもラクだ。

だから、落ち着いてより良い施術が出来る。
結局患者さんにも良いことになる。

「痛み」は体(心もであるが)のサインであることを改めて実感する次第である。