イネイト活性療法独特の用語なので、あまりなじみがないと思う。

治療しても治療しても、効果が現れない、現れにくい。
これはその治療を受け入れる器が間に合わずに、こぼれてしまう・・・と説明されている。

治療・施術と言う水を注いでも、コップから溢れてしまうと表現すれば分かりやすいだろうか?

だから、これを広げなくてはならない。
ところが、これがまた、物凄い手数になることも多いのだ。

・・・・・しかし、これを少ない手数にまとめる方法が分かった。とういか偶然にも閃いた。
これで治療が大幅に進むことになった。

それでも、手数がかかることは、まだ多々ある。

進歩進歩が必要だ。