たびたび研修会に参加していますが、その度に変わってきているな~と感じます。
私がこの世界に入りたての頃は、マッサージっぽい手技やボキボキ系の手技が「これぞ整体」って感じですが、今や「エネルギー」療法が盛んで、この研究も本当に進んでいます。

「整体は怖い」「揉む、ボキボキ鳴らす」というイメージしかない方にとっては、全く理解できないと思います。
患部をほぼ触らずに施術する方もいらっしゃいますし、その方がずっと改善できたりします。
都市部では、それを習っている方がすごく多いですね。

それにしても変わったもんだ。

物理学で「素粒子」「エネルギー」という概念が台頭して、はや数十年。
肉体だって、目には見えない超微粒子から出来ていることが常識になっているのだから、その最先端科学を応用しても、そして応用できても当然ですよね。

整体を行う人に中には当然大卒で理系の先生もたくさんいるし、私の治療家仲間には東大卒もいます。
当然、現役の内科医、救急医、整形外科医(この先生は変わっていて、自分の院に注射も薬も置かず、整体の手技ばかりしている)もいます。
東大卒でなくても、ものすごく知識の詳しい方はたくさんいるので、私は分かりやすく教えてもらっているので、とても助かっています。
私が思う最先端は・・・・・どんなものか、ちょっと言えないですね。頭がおかしいと言われそうだから。