40代 男性 会社員

数ヶ月前から、食欲がない。原因は分からないが(多分ストレス?)で少ししか食べらなれないそうです。
病院で薬を処方されているが、なかなか改善しなくて、悩んでいる。

この方は、何回か当院に来院されている方です。

今回は、指圧・マッサージの手技はやらず、イネイト活性療法独特の検査法とキネシオロジーの筋反射テストを使いながら、統括ポイント(ツボのようなところに軽く触れる)で、ストレスとなっている原因を無効化していくという方法だけで施術しました。

患者さんは施術台に座っているだけで、仰向けにもうつ伏せにもなりません。

そして、食べたくない、食べられないというその原因を出来る限り、過去まで遡っていきました。

私が一方的に事を進めても、患者さんは何が何だか全く分からず、取り残された気分になると思ったので、患者さん自身の体(筋反射テスト)を使って、一緒に原因をたどっていきました。

そのもっとも過去に起こり、現在にまで引きずっているその感情と思い込みを無効化していきました。
そのことにより、現在の自分の心や思い込みが外され、症状が癒えていきます。

この方の場合は、3回くらいで通常の食欲に戻っていきました。
数ヶ月ぐらいの短い期間の症状だったので、これくらいで済んだのだろうと思います。

1回で治そうと思っても、全部の原因が一度に出てくるわけではありません。
もし、そうだったら、ホメオスタシスという「恒常性機能」が病んでいる状態に引き戻そうとして、リバウンドのような状態になる場合があるからです。
早く治そう、治そうとするのは逆効果になる場合が多くあるのです。

慢性的になればなるほど、焦ってくるので、早め早めの対応がとても大切です。
長い目で見た場合、早め(初期段階)の方が絶対に得します。