なぜ今頃気功ヒーリング?その1からの続きです。

その患者さんは、気功やヨガ、古神道などいろんな興味を持っていて、自分でも本を買ったりして読んでいたのだそうです。

「先生、やってみて下さい。」
「いいですよ。じゃあ、試しに。」

左肩が挙がりづらくなったという、その肩に手かざししてみました。
そして、数分後・・・

「あ、先生、挙がります、挙がります。ふしぎ~」
「お、挙がりましたね。良かったですね」
と当たり前のような顔をしていましたが、内心(うっそ~、まじで?!)という複雑な気持ちでした。