「治らない設定」を「治る設定」にプログラム変更する。

これができるようになって、またも道が大きく開けました。

それでも、改善具合が明確になるまで時間がかかるケースも結構ある。

「何でだろーなー、いい加減治ってくれてもいいと思うんだけど・・おかしいなー」
と、思いつつ、あれこれ試行錯誤していくと・・・

全体では「治る設定」なのに細かな部分では「治らない設定」が出てきた。
総論賛成、でも各論反対みたいな・・

で、これをひとつひとつ「治る設定」に変更していくと、その分、改善具合が上がったーーー。

ただ、どんな方でもうまく変更できるか?というと、そうも言えないと思います。

以前、こんな方に会ったことがあります。約10年前です。
全く見ず知らずの方ですが、知り合いの喫茶店に言った時、たまたまカウンターで隣同士になりました。
どちらも店のスタッフと友人関係なのですが、その方とは面識がありません。私よりはるかに年配の男性です。

その方は高血圧の薬を飲んでいて、「治んないだよねー、ずっと飲み続けるんだよね。」と言っていたので、一応親切心のつもりで「高血圧は治りますよ」と(当時の師匠に教えられていたので)そう説明しました。

ところが・・・・

語気を強めて「何いってんだ!高血圧は治らないんだ!先生(お医者さん)がそう言ってんだから、間違いないんだ!」と、こんな感じの内容でした。店のスタッフが話題を変えてくれたので、その話は終わりました。

このように信じ込んでいる場合、おそらく無理でしょうなぁ。いまのところは。