神経の主な役割は情報伝達です。人間の感覚(痛み)は各部分で感じているのではなく、神経を通して脳に伝達されて脳で感じているのです。坐骨神経は、腰からおしりの後ろ側、太ももの裏を通って足先まで通じており、神経の中では最も太く長い神経です。坐骨神経がうまく機能しないと、歩くことや座ること、立ち上がるなどの日常的動作に支障をきたす恐れがあります。坐骨神経が筋肉などに圧迫、刺激を受けることで生じるしびれや痛みなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼びます。こちらでは、あらゆる年齢でも起こりうる「坐骨神経痛」についてご紹介します。

典型的な症状

・足に力が入らない
・足、腰、おしりのしびれや痛み
・足の筋肉が痙攣、肉離れする
・少しの距離を歩いただけで足に疲れを感じる
・歩き始めると歩行困難になる
・座っていられなくなる
・筋肉(下半身)の太さに差が出てくる

坐骨神経痛の主な原因

坐骨神経痛の原因は様々です。例えば、体温が低下することにより、筋肉が緊張・硬直し、坐骨神経が圧迫され痛みを感じます。また、骨盤の歪みも坐骨神経痛を引き起こす要因の一つです。骨盤の歪みは腰椎の歪みにも繋がり、その歪みが坐骨神経にも影響し、しびれや痛みが出てきます。また、骨盤の歪みや傾きからおしりの筋肉に緊張が起き、坐骨神経が圧迫されます。

症状がつらい場合は安静を

しびれや痛みなどの症状がつらい場合は安静にしなければいけません。坐骨神経痛の症状を緩和するためにも、ストレッチや運動は最適ですが、しびれや痛みなどの症状が出ている時に行うと、逆効果になる恐れがあります。もし、症状が治まったときは、適度なストレッチや運動を行い、ケアしましょう。しかし、この症状が原因で、別の症状が発生している可能性もあります。改善のためにも、一部だけではなく、体全体の調整を行うことをおすすめします。

坐骨神経痛がつらいとお悩みの方がいましたら、当院をご利用ください。岩手県にある当院は、患者さんの体調に合わせた自然治癒力を高める施術を行なっている整体院です。膝、背中、首の痛みでお悩みの方、O脚やX脚、足のむくみや関節痛でお悩みの女性、成長期の子供に発症しやすい「オスグット病」などの関節痛でお悩みのお子様まで、丁寧に対応させていただきますので、症状が悪化する前に、ぜひ当院へご相談ください。