これもイネイト活性療法で使っている用語です。医学用語ではありません。
坐骨の設定障害は背骨の本来の強度をあらわしていましたが、この「骨の設定障害」は骨、1個1個についてです。

骨1個1個にも本来の強度があり、脳がこの設定を間違って認識していると、負担にすぐに弱くなり、筋肉や靭帯・腱などが、その弱さをカバーしなくていけなくなります。つまり、仕事が増えてしまうので、結局、靭帯や腱なのどトラブルが発生しやすくなるわけです。

偏ったからだの使い方を反復していればいるほど、そのトラブルは深刻になっていきますね。
また、「治っているはず!」なのに、治ってくれません。
モヤモヤした状況がずっと続きますね。

これを解決することができます。

ちなみにこの解決する手法というか手技は、その骨を直接触って矯正しません。
脳の設定を本来の状態に戻す・・・ということなので、全く違った方法になります。ちょっと統括ポイントという部分に触れるぐらいです。