自分の経験的にやっぱり、そういうことなんだな・・と腑に落ちたことを掲載しています。

さて、今回は、「重力軸」です。
イネイト活性療法にはこのような概念があります。

我々は地球(地面)の中心軸に(おそらく)ズレなく立ち、座っていると思います。

しかし、からだ全体を統括する脳の誤認知により、この軸がずれてしまっている場合があります。
これはかなり多いですね。

この場合、筋肉が強張っているのは、その軸のズレを何とか補正しようと頑張っている状態なので、原因は筋肉自体の「緊張」にはありません。したがって、「緊張」(こわばり)をほぐそうと揉んでも上手くいきません。それどころか力任せに行ったら筋繊維の損傷を起こしかねないのです。

軸のズレを起こしているのは、骨かもしれませんし、脊髄かもしれません。筋肉自体に軸のズレがあるかもしれません。
それらをイネイト活性療法特有の検査法で探っていき、修正をかけます。

自分でも、ちょっと感動しましたが「へぇ~~~、こんなこともあるんだ~」って、思いました。
綿飴が溶けていくように、強張りが取れていくのです。